肝臓の疲れをいやすマイナス4℃とは

スポンサーリンク

Autumn / 秋(あき)
Autumn / 秋(あき) / TANAKA Juuyoh (田中十洋)

おはようございます!

今週はついに80kg台を割り込み、すっかり痩せたような気になってるputです。(^^;)
気のゆるみと残暑もあって、夜はついビールに手が、
もとから自分は大のビール好きなんですが、お酒は肝臓に負担増、、、

肝臓とダイエットの関係はよく話題になってますよね。
肝機能が低下すると脂肪がつきやすくなる、って。

カロリーを過剰にとったり、アルコールをとり過ぎたりすると、肝臓の代謝機能や解毒機能がおいつかなくなり、機能が低下してしまいます。
時に、糖質や脂質をとりすぎると、肝臓でしっかり処理できなくなり、そのまま脂肪として肝臓に蓄積されていきます。それが続くと「脂肪肝」という状態になることもあります。

ダイエットしたいならビールやめとけって話です。

・・・が、そうもいかない(^^;)

それで普段からレバーを食べたりして気を使ってはいるのですが、
特にシジミがいいそうです♪

特に、お薦めなのがシジミ。「解熱や利尿などの働きがあり、昔から肝臓の特効薬として利用されている」という。二日酔いにシジミの味噌汁といわれるには、ワケがあった。そしてどうやら、シジミに含まれるオルニチンというアミノ酸が、そのカギを握っていることがわかってきた。
(中略)
オルニチンは、キハダマグロやチーズなどに多く含まれるアミノ酸だが、ダントツで多いのがシジミだ。「ホタテやアサリなどにはほとんど含まれず、シジミにだけ多い。しかも、シジミを冷凍するとオルニチンが8倍に増えることがわかった」
(中略)
「マイナス4℃で最も増える。シジミにしてみれば凍るか凍らないかの厳しい環境。急速に冷凍するのではなく、徐々に冷凍することが増やすには重要」

シジミが健康にいいって話は効いた事がありますが、肝臓にも効くんですね。
しかも凍らせるといいなんて・・・ちょっとひと手間で8倍っていうのは素敵です♪
シャアも真っ青、いや、真っ赤なのか?

今朝の数字

さて、今朝の起床は5:41

朝一体重は79.8kg
ちょっと増えた(^^;)
定番の週末の増加をどのくらいに抑えられるかで、来週のモチベーションが変わってきそう。

ここまでの歩数が9063歩

さあ、元気に過ごして週末に突入しましょ〜\(^0^)/

スポンサーリンク
AD1
AD1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ポチッとコメント歓迎です♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です