冬の早朝、この上なく迅速に布団から脱け出す方法

スポンサーリンク

Winter sunrise over Thoreau - 2-21-06 3
Winter sunrise over Thoreau – 2-21-06 3 / Miki James

おはようございます♪
新年会明けでまたもやお腹周りが重くなったputです(^^;)

今週は正月休みからの復帰第一週でしたが、
気がかりだったのは何と言っても

早く起きられるかどうか。

・・・すっかり寝坊ぐせがついてましたからね(´⊆`*)ゞテヘヘ.

早起きできないとウォーキングの時間もとれないので、
体重が野方図に増えて行きます。
今でも均衡状態なのに、右肩上がりになってしまっては
このblogの存続も危機的に、、、(^^;

でも、今週は何とか6時前には起きられてるので、ひとまず安心してます♪
体重は減ってないけど、、、

早く起きるコツ

みなさんにお話するほど早起きってほどでもないとは思うんですが、
今年になってなかなか効き目があるなと実感してるのが、

考える前に起きる! って方法。

目が覚めてから時計を見て

「あー7時かぁ、寒いな、もうそろそろ起きなきゃ・・・」

とか布団のなかで考えだす前に、とにかく布団から出てしまう。

「あー、朝か・・・(ガバッ!)

て感じ。

大事なとこ(笑)なので、詳しく書くと、
「7時かぁ」、というのは事実の認識だから、まだ思考してません。議論はあると思うけど(^^)
ここで起きられれば大丈夫!

ちょっと譲って、「寒いな」、までは感覚だから、まあ許せます。
でも、少なくともここで起きましょう。

「もうそろそろ起きなきゃ・・・」はいけません。
完全に考えてます。
ここまで頭が働いてしまうと、すぐに起きられる確率は格段に下がってしまいます(^^;)。

布団から抜け出てしまえば後は割と何とかなるもんですが、起きた後でやることが決まっているとなお有利♪
トイレ行って、顔洗って、コーヒー飲んで、朝のtweet、とか流れが定まっていれば
これまた考えなくていいので、調子良く覚醒状態に持って行けます。

それらの流れの中に、楽しみな事が入っているとさらにいいですね。
自分の場合、朝の散歩がそれにあたります(^^)

ただ、寝不足なのに無理するのはあんまりおすすめじゃないかなぁ。
必要な時間をしっかり眠ってこそ、迷い無く安心して起きられるってとこがありますからね。

それと、年輩の方とか、持病をお持ちの方は慎重にしたほうがよさそうです。
急に起きると身体の状態も急激に変わりますから。

てことで
1.目が覚めたら、考える前に起きる。
2.起きた後、考えずに行動できるパターンをもつ。
3.迷いや不安なく起きられるだけの睡眠時間を確保する。

・・・こうやって書いてみると、どれも「考えない」ってことがキモみたいですね(^^)

健康に早起き楽しみましょう♪

あ、意志の強い人には関係ない話でした〜(^^;

今朝の数字

起床は5:34

朝一体重は82.9kg

ここまでの歩数が9807歩

みなさん、よい週末を〜(・∀・)ノシ
連休の人も多いのかな♪

スポンサーリンク
AD1
AD1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ポチッとコメント歓迎です♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です