【本質】なぜ太るのか?

スポンサーリンク

AHHH, O CALOR ...
AHHH, O CALOR … / Thomás

ふと、問いが湧いてきました。

なぜみんな、こんなに体重増で悩んでいるのか?
こんなにも多くの人が、どうしてダイエットに関心をもつのか?
煎じ詰めると、なんで太っちゃうの?、って問いです。


5月の初旬から10kgほど体重を減らしました。

その間に気をつけていたことは、なるべくストレスを溜めないこと。
それと、腹七分、お腹は減ってて当たり前、と思うこと。

これを逆から言うと、
1.放っておくとストレスが溜まってしまい、
2.無自覚でいるとお腹いっぱい食べてしまう、
ということです。

・・・当たり前、っちゃ当たり前ですね(^^;)

つまり、これが現代生活の当たり前、フツウなんです。
だから太って当たり前。

「な〜んだ、太るのは自分が悪いんじゃないんだ、この社会のせいなんだ。」

そうです! そう思います!

ストレス社会は根深い問題で、いろんな要因がありすぎて書ききれません。私が書かなくても、いろいろ思い当たることがあると思います。
二番目のお腹いっぱいの方も一筋縄ではいかない。いつかも書きましたが、スーパーにいけば華やかな食材が並び、家ではテレビCMで旨そうな肉が脂を散らしてはね踊る。世の中がこぞって食べることを奨励しているようです。
お腹が減っているのは悪で非日常。お腹はいっぱいなのが健全な状態、といつの間にか思いこんでしまってる。

誰か特定の人が私を太らせようとしている、というわけじゃありませんが、世の中的に、人々を肥え太らせるような流れが事実上できてしまってると思います。

この両輪には必殺のコンボ攻撃もあります。
ストレス蓄積 → 食べて解消
これにハマると病的な状況に陥ることもあって、たいへん危険ですね。

ともかく、この社会で漫然と暮らしていると、ある種の食習慣が子どもの頃から形成されます。
若い頃は代謝が高く、そこそこの体型を維持できていたとしても、中高年になれば代謝が落ちてくる。でもその時に食習慣を改めたり、味の感覚を変えたりすることは容易ではありません。自然と中年太りになってきます。

まさに私のことです(^^;)

なぜこんな体型になったのか、と考えているうち、
なぜこんな世の中になったのか、という疑問に行き着くこの頃です。

責任転嫁の巻、でした・・・(´⊆`*)ゞテヘヘ.

早起きウォーキングダイエット・今朝の数字

起床は4:32
朝一体重は75.3kg
ここまでの歩数が10631歩

スポンサーリンク
AD1
AD1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ポチッとコメント歓迎です♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です