習慣化できるウォーキング・ダイエット、始める時のコツ四つ!

スポンサーリンク

ウォーキング・ダイエットをはじめて四ヶ月、10kgほどの減量に成功しました。
*グラフはこちら → 四ヶ月で10kg、無理なく痩せた最初の一歩とは?

そこで、私と同じようにお腹まわりが気になる40代に向けて、気づいたことをシェアしようと思います。

ま、四ヶ月で10kg減というのは自慢するほど劇的な成果ではないと思いますが、かなり楽に、ストレスなくやれた気がしています。
かかった費用もほとんど無いので、ほかの人のお役に立てることも少しはあるのかも・・・?
あと、自分自身がリバウンドしちゃった時の備忘録も兼ねてます(^^;)

こんな人向け ウォーキングを始めようと思うけど、何から準備したらいい? どんなことに気をつける?
伝えたいこと ウォーキング歴10年の私がたどり着いたチェックポイントをシェアします。

これから始めようとする方に、ウォーキングの準備・四つのポイント

このblogのタイトルどおり、私のダイエット方法は、早起き+ウォーキング。
今日はウォーキングの始め方について書いてみます。

始め方って言っても歩くだけなので、特別な準備はいりません。
ただ、こうしたほうが快適、っていうコツが私なりに少しあります。続けることが肝心なので、楽にできるよう参考にしていただけたらと思います。

以下そのリスト。

1.帽子は必須、心強い味方なり
2.上着の素材にこだわろう
3.悩ましい靴選びはこの考えで
4.必ず来る雨の日、心の備えは万全に

1.帽子は必須、心強い味方なり

ウォーキングのいいところは屋外の景色や空気を楽しめるから♪
特に早朝の澄んだ空気や、明けて行く空のダイナミックな変化を味わうと、布団のなかでゴロゴロ寝ているのがもったいなくなってきます。

Am Morgen
Am Morgen / Px4u by Team Cu29

でもこの屋外というところがウォーキングの難しいところでもあるんですよね。

そこでまずお勧めしたいのが帽子です。
私が歩くのはかなり早い時間なので、日射しはさほど強くありません。というより、私が住んでる福岡では、冬になると終始真っ暗な中を歩くことになるんですが、それでも必ず帽子はかぶって行きます。

Puma Golf Marketing Team Wins Big with Rickie Fowler Sponsorship
Puma Golf Marketing Team Wins Big with Rickie Fowler Sponsorship / Chris Breikss

理由は雨対策。長い距離を歩いているとお天気も変化して、途中で降られることもしばしば。そんな時、帽子をかぶっているとかなり違います。
雨粒が直接頭に当たり、髪が濡れてしまうと、案外大きなダメージを受けます。顔が濡れれば視界も少し悪くなりますので、歩いていてストレスになるんです。

あと細かいことですが、街路樹の下などで蜘蛛の糸にひっかかることもあります。きっと夜中にせっせと作ったものなんでしょう。そこに私が初めて通りかかり、ひっかかってしまう。暗い中では、避けることはほぼ不可能。
たいしたことはありませんが、頭に直接つくと嫌ですよね。たまに蜘蛛もついてくるし (^^;)

それと、これもけっこうありがたいと感じるのは、挨拶に使えることです。
毎朝歩いていると顔なじみになるウォーカーさんができてくるんですよね。お早うございます、と元気に挨拶を交わすのは楽しいものです。
ただ、暗い中でよく顔が見えなかったり、声をかけるのに微妙な距離だったりすることもあるんです。
そんな時はかぶっている帽子を脱いで会釈したり、振ってみたりと、コミュニケーションの道具として重宝します。

2.上着の素材と色にこだわろう

ウェアを揃えないと、と思う方もおられるでしょう。確かにそうですが、必ずしも高価なものは必要ないと思います。
私が履いているのはスポーツショップの値切り品で、一着500円だったもの。二つ揃えて交互に履いて、もう10年近くもっています。特に不自由ないし痛んでもいないので、当分買い替えるつもりもありません。

ですが、上着にはちょっとこだわりがあります。
これも高価なものではなくていいと思うんですが、問題は素材。通気のよいものを、と考える方も多いでしょうけれど、私は雨風を通さないことを第一に考えています。

帽子同様、突然雨に降られるのが一番やっかいなんですよね。傘を持って行く時もありますが、できれば手ぶらでのびのび歩きたい。それで、多少降られてもいいような防水性の高いものを着ています。
それと、特に冬なんですが、風を通す素材だとかなり体温を奪われます。薄くても風を通さないものであれば、歩いているうちに自然と身体が温まってきます。

色も気にしています。
暗い中を歩くことが多いので、目立つ色のほうが断然安全。夜明け前は人通りも少なく、たまに走っている車がスピードを出している場合も、けっこうあるんです。

それから、これも帽子のときと似ていますが、目立つ色を着ていると他のウォーカーさんに憶えてもらえます。繰り返しになりますが、他の方々とのコミュニケーションは、続ける上で無視できない力になります。

3.悩ましい靴選びはこの考えで

ウォーキングを始めよう、と思った時、いの一番に考えるのは靴の問題かも知れませんね。スポーツショップに行くと、歩きやすい機能をうたった、高価な新製品が並んでいます。

ですが、私が履いている靴は価格落ちの激安品が多いです(^^;)
何しろ歩きますから消耗も早い。雨の日にグショグショになってしまうこともしばしばあるので、完全に消耗品と見なしてます。なので、履けそうな靴で安いものと出会ったら買い置きしておきます。

snow shoes
snow shoes / ginnerobot

サイズはジャストではなく、一サイズ大きめを選んでいます。
個人差があると思いますが、指先や踵があたって擦れるのが一番嫌なので、少し緩いくらいを履いて紐で調節、というのが、自分の場合はいいみたいです。
もちろん足や膝などのコンディション次第では、緩衝性能が高いものを選ぶことも必要だと思います。

4.必ず来る雨の日、心の備えは万全に

さて、ウォーキング・ダイエットの最重要テーマは継続です。

ウォーキングは気持ちもいいし身体の負担も少ないけれど、お天気次第という面があるのは否めません。雨が降ると、肝心要の継続が断たれ、習慣化が遠のきます・・・この問題はかなり手強いです。

Rainy day
Rainy day / waitscm

まず上に書いたような装備で、軽度の雨には対応できると思います。
ちょっとくらいの雨ならどんと来い! です(#^-^#)

でも本格的な降りになった場合、傘を持っていつもと同じように歩くか、それともマンションの階段や通路を歩くか、いつも悩んでいます。
いずれにしても晴れている日に歩く爽快感は得られない。でも習慣を維持するため、いつもと同じ時間、歩くことにしています。

ここで言う雨対策は、雨になった時にどうするかを自分で決めておく、ということです。
雨でも歩ける場所が近くに無いか調べておいたり、家でスクワットすると決めておくなど、雨が降った時になぁなぁになってしまわないよう、自分でコントロールできるようにしておくことがたいせつです。

雨音を聞きながら目覚めた際、「雨かぁ、今日は歩けないな、じゃあ寝ていよう」となってしまうのが最もまずい。
でも、起きてから何をすればいいのかがはっきりしていないとそうなりがち・・・これを繰り返していると、早起きの習慣までなし崩しになりかねない。

おしまいに

楽に、気持ちよく痩せるには一にも二にも継続。もしこれから早起きウォーキングでダイエットに取り組もうと思っておられるのでしたら、上四点、ちょっと気にしてみてください。習慣化に成功する率が上がると思いますよ(#^-^#)

ウォーキングの実際の歩き方については、次の記事で具体的に書いています。
散歩とウォーキングの違いと、そのスムーズな切り替え方についてもふれました。軽めの散歩から始めることで、ストレスなくウォーキングに移行できると思います。

ウォーキングすら億劫! ゆるゆる散歩からできる5段階攻略法
じわじわ増え続けていた体重が90kg台を伺うようになり、この春からウォーキングダイエットを再開。9月末の時点で標準体重の73.5kg前後まで...

けっこう長い記事になってしまいました、、、
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Night
Night / Pai Shih

早起きウォーキングダイエット・今朝の数字

起床は5:24
朝一体重は74.2kg
ここまでの歩数が3644歩

スポンサーリンク
AD1
AD1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ポチッとコメント歓迎です♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です