目標・桐谷美玲! なダイエット女子を男子はどう見てる?

スポンサーリンク

今日はちょっと自爆覚悟で書いてみます。
何しろ男子ってのは私ですから、いきなり表題詐称ですな。

ま、話半分でおつきあいください、よかったら。


Barbie Doll Section Walmart
Barbie Doll Section Walmart / JeepersMedia

ダイエットにも目標イメージを

願いを現実化しようとすれば、目標のイメージを持つことが大切!

なんてよく言われますね。
確かに、何事においても真似をすると捗るということがあります。真似に関してはオリジナリティがどうこうという問題もありますが、そういうこと以前に、模倣は人間がもつ学習能力の基本なんじゃないかしら。

話がいきなり逸れました。
そうです、ダイエットにおいても目標イメージをもつと、やっぱり捗る。
それは否定できません。

こんな風に痩せられたらいいよな〜、みたいな写真を壁に貼ったり待受けにしたりして始終見ていると、その像が焼き付いてきます。知らず知らずのうちに刺激され、励まされ、無意識に刷り込まれて目標に近づきやすくなる、ということは十分あり得ると思います。
何より、カッコいい姿を見るとモチベーションが上がりますよね。

で、表題の

桐谷美玲さん

、ですよ。

オッサンである私は、若い人、特に若い女性とはあんまり交流はないんですが、時々聞こえてきます。ダイエットの目標というか、理想の体型、憧れみたいな存在として。
で、見てみると、、、

細っ!

つうか、

細すぎっ!!!

率直な感想です。

まあその、、オッサンの感性なんで、若い人の感覚をどうこういうとアレなんですが、何もあそこまで痩せなくてもいいんじゃないかな、と思います。

バービー人形とかアニメキャラとか、そういうレベルです。
どこか生身じゃないような、、、そこが支持されているのかな、とも思いますが。

一般人が真似するにはあまりにもかけ離れていて、マジでやると危険かもしれない、とすら思う。自分の子どもに彼女を目指されたら、お父さんたちは迷わず止めろと言うんじゃないかな。

多分、男性もそこまで求めてないと思うんですが、、、?
理想の体型の女性タレントを男子に尋ねたら、きっともう少しお肉がついた人たちの名前が並ぶと思う。

このあたり、男性が選ぶのと女性が選ぶのとでは微妙に違ってきそうです。

桐谷さんみたいなあくまでほそほそ〜な体型は、男性より女性の支持が多そう。

なぜ女性はより細くを目指すのか?

グラマーとか、ポッチャリとか

今日は完全に私個人の推測で話が進んでいます。
オッサンの与太話と思ってくれてもちろん構いません。

女性が目指す理想体型は、男性に支持される女性の理想体型よりも細目である、という前提のもと、なぜそうなるのかについて考えてみます。

一般男性はやはり女性に女性らしさを求めます。グラマー&セクシーなゴージャス・スタイルが目の前にくれば、おとなしそうな彼でも内心は「苦しゅう無い」です。
そこまでいかなくても、ぽっちゃり型が好きな男性はかなりいると思う。

モデル体型が平均を細くする

これに対して女性は、男性と同じようにゴージャス体型を志向する人もいるでしょうが、おそらくそれ以上にモデルさんみたいな体型を理想とする人が、かなりいる。

モデルさんが女性らしくない、というわけではありませんが、洋服を着て映えるのはやはり手足がすらりと長く、全体にほっそりして、腰回りもスッキリした感じのスタイル。いわゆるスレンダー体型。着映えがするというか、服に余分なしわが入らないことが大切ですから、胸も大きすぎは禁物です。

女性同士で話題にする時にも、モデルさん的な体型の人を理想にしておくと、話が通りやすいんじゃないかと思うんですが、いかがでしょうか。

こんな感じで、全体として女性の理想体型はより細い方へと向かって行き、男性の好みとズレていくのではないかな、と推測してます。

ぼくはウルトラマンになりたい!

生の現実から虚のイメージへ

桐谷系スレンダーモデル体型が理想とされる時に私がひとつ感じることは、生々しさの否定のようなこともあるのかな? ってこと。

さっきも書いた桐谷さんのちょっとお人形ぽい。フィギュア的な非現実感。
それはモデルさん一般にも共通してます。

彼女達を目指す、ということは、生身の彼女たちを目指すわけではなくて、メディアの中の彼女たちの「像」を目指すということ。しっかりとメイクをしてスタイリストが選んだ服をまとい、プロがよってたかって計算し、撮影したイメージです。具体的な写真そのものではなくても、いくつかの写真や映像によって作り上げられた、いわば虚像を目指すことになる。

そりゃあお父さんから見たら、

「無理やぞお前には、身体こわすからやめとけ!」

ってなると思うんですよ。
(いつの間にかお父さん目線になってる・・・)

虚像の功罪

で、そういう作られた像を目標イメージにしてしまうと、一般の人にはやっぱり無理があって達成できない。だから彼女たちは憧れであり続けられるんでしょうが、それと同時におびたたしい挫折と諦めも生み出してる。

程度こそ違え、ウルトラマンになりたい、って言う男の子と、本質的には近いところがあるわけです。
架空の存在ならなれなくても諦めがつくけど、彼女たちは現実の存在でもあるから、手が届きそうな気がする。実際届くことも稀にある。でもまたすぐ遠のく・・・みたいな感じで、半現実・半虚像、みたいなじれったさがある。

こんな状態は、紛れも無くストレスです。

ダイエットはなるべくストレスなく行なうのがコツ。

なので、目標イメージは慎重に選びましょう。

モチベーションを上げ、努力を後押ししてくれ、かつ現実に実現可能なものを探せば、余分なストレスを抱えなくて済みますから、、、と無理目にまとめて、今日はここまで。

あ、訊いてないと思いますが最後に書き添えます。

私の理想スタイルは桐谷美玲さん(`・ω・´)キリッ
実はファンだった(^^;

早起きウォーキングダイエット・今朝の記録

昨日は平日ながら焼き肉食べ放題へ参戦。
明日はまた飲み会で、今後の体重が心配です。

起床は4:32
朝一体重は73.0kg
ここまでの歩数が10135歩

スポンサーリンク
AD1
AD1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ポチッとコメント歓迎です♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です