虫除けスプレーは妊婦に使えない? ジカ熱対策の落とし穴・ディート

スポンサーリンク
こんな人向け 妊娠してるからジカ熱心配。とりあえずこの夏は虫除けスプレー使いまくろう!
伝えたいこと ちょっと待って、特に妊婦さんが虫除けスプレーを使うのは注意が必要らしいです。

ジカ熱上陸、夏だったらどうする?

南米で猛威を振るっているジカ熱。日本でも感染した人が、先日見つかりましたね。
ジカ熱は蚊によって媒介されますから、今のところ感染拡大の心配は無さそうですが、「これが夏だったら」と心配になった方も少なくないでしょう。

ジカ熱の症状そのものは軽く、あるいは全くなかったりするわけですが、問題は胎児への影響です。ジカ熱に感染した妊婦さんからは小頭症児が生まれる確率が高い、とされています。

また、はっきりとした小頭症ではなくても、知能障害や視力障害などが後々出てくる可能性も否定できない、と言うお医者さんもおられます。

ジカ熱は上陸するのか? 見えない感染に備えよう!
にわかに注目を浴びているジカ熱。 症状そのものは割と軽いけれど、妊娠中に感染すると胎児に大きな影響が出る可能性が示唆されています。

まだまだ謎が多いジカ熱、ワクチン開発も始まったばかりということで、日本でもこの夏は緊張した状態になるのではないか、と今から心配しています。特に妊婦さんや、これから赤ちゃんを、と考えているご夫婦にとっては不安な状況です。

蚊にさされないようにするしかない

この夏、ジカ熱が日本に上陸し、いよいよ感染も懸念されている状況になっているとしたら、どうしたらいいのでしょう?

当面、ジカ熱の災いを避けようとすると、蚊にさされないようにするしかありません。
例年の経験から

  • 蚊が生育するような水たまりを無くしておくこと、
  • 長袖、長ズボンを着用し、肌を露出しないこと、
  • 蚊取り線香、
  • 虫除けスプレー

などが思い浮かびます。

絶対蚊に刺されたくないとなれば、長袖長ズボン着用で、首回りには虫除けスプレーを塗って、などと考えますよね。妊婦さんも、そう思っている方が多いでしょう。

虫除けスプレーの落とし穴:ディート

ところがこの虫除けスプレー、妊婦さんが使う場合は、ちょっと注意が必要らしいのです。

薬局で売っている虫除けスプレーには、「ディート」という薬品が含まれています。ディートは元々、第二次世界大戦直後に、蚊を媒介にしたマラリア感染から兵士を守るためにアメリカ軍が開発したものです。その後、市販の虫よけ剤にも使われるようになり、世界中で普及しましたが、近年ではその有害性が指摘されています。傷口や唇などに触れた場合体内に取り込まれる上、使いすぎたり、他の薬品と併用すると神経障害などを発症することがあると言われており、カナダなど一部の国では小さな子供への使用が厳しく制限されています。

出典アロマで虫除け エッセンシャルオイル(精油)の使用法

ディート、ですか・・・。
そういえば容器に書いてあったような気もします。

小さい子への使用は慎重にしたほうがいい、という見方は理解できますね。薬品の影響を受けやすいですから。

ところが、、、

妊娠中は虫除けスプレーを使わない方がいいと言う意見があるのは、薬剤の中にディートという成分が含まれているからです。これは子供が吸い込むと神経障害を招くことがある物質で、日本でも生後6か月までの赤ちゃんには使用してはいけないことになっています。(6か月を過ぎても、年齢によって使用回数が1日1回まで、2回までというように制限されています。)

出典妊娠中の虫除け・かゆみ止めの使用について – ママ美日記

なるほど、小さい子、と言えばお腹の中の赤ちゃんはもっと小さい。
妊婦さんに関しても、胎児への影響を慎重に考えるなら、使用を控えたほうがいい、という意見はもっともかも知れません。

まぁ、気にしなければどうということはないのかも知れませんし、蚊に刺されてしまってジカ熱に感染した時のリスクに比べればやはり使うべき、という判断もあると思いますが、手放しでバンバン使ってもいい、というわけではなさそうな気はしてきます。

梅雨を過ぎたら虫除けスプレーが必須かな、と昨日まで考えていたので、あまり頼れないとわかってちょっとショックを受けています。

虫除けスプレーを使用するなら

もともと私は虫除けスプレーをあまり使うほうではないのですが、国民生活センターのページを見ると、かなり一般的に使われているようです。

消費者アンケートでは、約9割が「虫よけ剤」を使用した経験がある。また、子供については約6割が2歳未満から使用していたほか、屋外で遊ぶ際は9割以上が使用していた

同じページに、乳幼児の場合は習慣的に使ってはいけない、ともあります。

特に乳幼児等は「虫よけ剤」を習慣的に使用するのではなく、必要な場合に限り使用する

効果の持続性があまり無い虫除けスプレー、繰り返し使ってはいけない、となると、あまりたよりにはならない感じがますますしてきますね・・・。

しかも、

エアゾールタイプは付着効率が悪く粒子の吸入が考えられるので、子供への使用は一旦手にとるなどの工夫をしたほうがよい。また、テスト結果を参考にし、より安全に使用できるようタイプの特徴を考慮して選ぶとよい

噴霧するタイプは吸引の恐れ有り。
一旦手に取った上で、塗ってあげましょう。

虫除けスプレーは妊婦に使えない? ジカ熱対策の落とし穴・ディート

オーガニックで蚊除け

市販の虫除けスプレーを頼りにできない、となると、オーガニックな方法の出番です。

定番なのが、アロマスプレー。

水45ml + ホホバオイル5ml(無水エタノールでも可) + エッセンシャルオイル10滴ほど

これを容器に入れてスプレーします。

ただし残念ながら、効果抜群というわけにはいきません。
香りが無くなると効果も無くなります。

持続性を求めるならクリーム化。

蜜蝋6g + キャリアオイル30ml + エッセンシャルオイル8滴

まぁ、ないよりはよい、という程度でしょうか。
さてさて、どうするか・・・

手詰まり感がありますが、ひとつ気になる情報がありましたので、最後に書き添えます。

青森のヒバからとれる「ひば油」。ヒノキチオールがたくさん入っているらしく。ヤフー知恵袋で、皮膚疾患の為にヒバ油を薄めて付けてた方が蚊にも刺されなくなったという話を見まして。確かにヒバで作られたお家は、3年は蚊など虫が寄り付かないそうです。そーれーは、試してみたい!!

出典ディート不使用の安全な虫除け&あさイチの蚊対策 – 旧 ずぼら美肌

ヒバですか・・・、この夏注目になるかも知れませんね。

ちょっと歯切れのよくない終わり方ですが、今後もジカ熱には注意して情報を集めていきたいと思っています。

ジカ熱についてはこちらもご覧下さい。

ジカ熱と妊娠時期、注意しなきゃならないのは初期or後期のいつから? +男性も要警戒!
妊婦さんにはジカ熱に注意して欲しい、という記事を先日書きました。 ジカ熱は、蚊が媒介する感染症。 最近、ニュースでも大きくとりあげら...
ジカ熱ワクチンはいつできる?
先週あたりでしょうか、一気に知名度が広まったジカ熱。 妊娠している時に感染すると、胎児に大きな影響がある、と考えられています。 ...

追記(2016/03/01)

青森ヒバの成分から作ったスプレーがあるそうです!

http://put.very7.net/2016/02/29/zika_fever_6/

スポンサーリンク
AD1
AD1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ポチッとコメント歓迎です♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です