ジカ熱にかかったら受診すべき病院は? 専門医療機関リスト発表、福岡は三件

スポンサーリンク

妊婦さんを不安に陥れているジカ熱。
まだまだ本番はこれから、と言わなければなりません。

こんな人向け ジカ熱にかかってしまった、かかったかも? となったらどうすればいいの?
伝えたいこと 専門医療機関リストが公開されました。まず最寄りを確認しておきましょう。

ジカ熱にかかった? と感じたらまずどうするか?

季節が進むにつれ、日本でもジカ熱への警戒感が高まってきましたが、いざジカ熱にかかってしまったらどうすればいいのか? あるいは「かかってしまったかも知れない」、という疑念が湧いた時、どうすればいいのか?

その初動には、きっととまどうことと思います。
特に妊婦さんの場合は、深刻な不安に見舞われるかも知れない。
きっと心のケアも求められるでしょうが、とりあえず本日は、日本感染症学会が専門医療機関のリストを公開したと、報じられています。

中南米を中心に感染が広がるジカ熱に妊婦がかかった場合に備え、日本感染症学会は専門的なアドバイスが行える医療機関のリストを作成し、ホームページで公開しました。

出典ジカ熱 妊婦の感染に備え医療機関のリスト公開 NHKニュース

そのリストはこちらのページ。

ジカ熱診断の地域格差

リストにあるのはジカ熱に対応可能な専門的なお医者さんがいる病院、ということだと理解していますが、それにしてもやっぱり特定の地域に固まっていますよね・・・

東京都は14件。お隣神奈川の7件も入れたら21件もあります。
人口も多いから、これでもいざ感染が広まったら深刻な状態になるのかも知れませんが、一方では対応できる病院が全く無いところもあります。
ざっと見たところ、岩手、山形、山梨、岐阜。四国では徳島も専門家がいない。

この状況、蚊が増える時期までに改善されるんでしょうかね・・・。

地元福岡ではどうなのか?

わが福岡県は三件あります。意外にも数としては大阪府と同じ。

地方独立行政法人福岡市立病院機構福岡市立こども病院
九州大学病院
久留米大学病院

アジアとの往来盛んな国際空港もありますから、地域としてはけっこう水際っぽいポジションなんですよね、福岡って。

そして福岡内でも格差はやっぱり歴然。

こども病院が香椎で九大病院は馬出。東区に固まっています。
地元の皆さんはわかると思いますが、ものすごく近いです。
その一方、北九州や筑豊などには皆無です。

福岡県のジカ対策ページがありましたので、リンクを貼っておきましょう。保健衛生課が窓口のようです。
ジカウイルス感染症(ジカ熱)について – 福岡県庁ホームページ

ジカ熱にかかったら受診すべき病院は? 専門医療機関リスト発表、福岡は三件

もうひとつの、けっこう深刻かも知れない問題

リストに掲載された全国88の医療機関にはジカ熱のように蚊が媒介する感染症に詳しい医師がいて、感染の疑われる妊婦が一般の医療機関を受診した場合、連絡をすればどのような検査を行うべきかなど、アドバイスを受けられるということです。

出典ジカ熱 妊婦の感染に備え医療機関のリスト公開 NHKニュース

検査をしてもらうまではよいとして、その結果陽性だった妊婦さんは一体どうすればいいのか、という問題が根本にあります。
先日のブラジルの調査では、ジカ熱に感染した妊婦さんから生まれた赤ちゃんが小頭症を発症した事例は三割。10人に3人にリスクがある。
加えて、成長した後に障害が顕在化する可能性も否定できない、と言う人もいます。

そして、そもそも私が不安なのは、検査を受けようとすら思わずに感染しているケースがあるのではないか、ということ。
ジカ熱そのものの症状は非常に軽い場合があって、感染に気づかないケースも多いと言います。
医師の方も診断が難しく、全く症状が無かったらもうお手上げじゃないでしょうか。

地道な努力で夏を乗り切る

つまるところ、蚊の発生確率を減らし、妊婦さんもその旦那さんも、男も女も、老いも若きも皆が蚊に刺されないよう気をつける。

それと、ともかく蚊の発生確率を低く保つ。
今の日本で、蚊を防除するのに本気を出すとど、のくらいの効果を上げられるのでしょう?
期待はしたいですが、デング熱の時に係の人が網をもって薮の中に入っていた映像を見る限り、劇的な効果を出せる魔法のテクノロジーはなさそうです。

昔ながらのじんわりした努力を継続して夏を乗り切るしか、今のところはなさそうです。

スポンサーリンク
AD1
AD1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ポチッとコメント歓迎です♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です