AAAの新曲「NEW」と共にスプライトがリニューアル! MVはCM版とどう違う?

スポンサーリンク

連休も終わり、いよいよ日射しが強くなってきました。
ダイエッターには御法度ですが、清涼飲料の季節到来です。

コーラ vs サイダー系

キング・オブ清涼飲料といえばコーラが思い浮かびますが、その地位を常に伺っているのがサイダー系。プレーンな味わいの炭酸飲料群です。コーラは黒くて健康によくないイメージがちょっとありますよね。大人の清涼飲料というイメージ。
それに対して透明なサイダー系飲料は、こうした負い目をちょっと軽減してくれる。子どもに与える際も、コーラは駄目だけどサイダー系なら、、、という親御さんたちも少なくない。

コカ・コーラ社では「スプライト」がその商品ラインにあたっていて、派手さはないものの強炭酸を追求する同社の定番となっています。

スプライトがリニューアル

で、この清涼飲料の準定番「スプライト」がリニューアルされる。
発売は2016年5月30日(月)から。
AAAの新曲「NEW」と共にスプライトがリニューアル! MVはCM版とどう違う?

画像出典レモン&ライムをひとしぼり!NEWスプライト!

定番商品でイメージもしっかり根付いているものを変えるってけっこう勇気がいりそうですよね。
何が変わるって、レモンとライムを加えた新処方。
スプライトの魅力である爽やかな味わいはそのままに、味わいをよりテイスティにバージョンアップしたらしいです。
地味に、と言ったら失礼でしょうが、こうした微妙なテイスト調整が、ロングセラー商品の寿命を延ばす勘所なのでしょう。コカ・コーラ社の手腕が見物です。

保存料、カフェインゼロには変更無し。
ブランドロゴとフルーツのアイコンが大きく表現されるとのこと。

華々しくAAAがCMに!

スプライトのリニューアルCMには、あのAAA(トリプル・エー)が登場。
しかも、使われる楽曲は新曲「NEW」だそうです。

当然NEWをかけたのでしょうけれど、スプライトにAAAというのはなかなかよいセレクトですね。
元気さ、若々しさが、ぴったりのイメージです。

同社も、

「スプライト」にぴったりの弾けるサマーチューン

出典日本コカ・コーラ |企業情報 |ニュースリリース: 日本コカ・コーラ株式会社 Coca-Cola Journey

とのたまっております。

なお、発売に合わせて放映されるのは「スプライト NEWすっきり爽快」編、だと言いますから、別のCMも作られていそうです。

気になる新曲「NEW」はどんな曲?

映像も気になりますが、新曲もかなり楽しみです。

どんな曲なのかな?

そんなファン心理もコカコーラ社はおわかりです。

新曲「NEW」のリリースは6月8日(水)ですが、これに先んじて視聴できる方法を、キャンペーンに埋め込んでる。

新「スプライト」470mlのペットボトルにはシリアルコードが記されていて、「スプライト」の公式サイトでにアクセスすると、限定バージョンのストリーミングを視聴できる。

ファンには嬉しい仕掛け、というか、もうリニューアル・スプライトを買うしかないですね (^^;)

と、ここまで書いていて気づいたのですが、公式ではすでにMVを見られるようです!

キャンペーン版はこれとどう違うのでしょう?
新しい楽しみが増えましたね。

スプライト豆知識

スプライトは、元はファンタだったそうです。
ドイツで発売されていた、クリアレモン。

これを、アメリカのコカ・コーラ社がスプライトとして発売した。
背景には 7Up の存在があったらしいです。
7Upもちょっと懐かしい♪

スプライトの受難

スプライトって、ある世代以上の人にとっては、緑色の瓶のイメージが強いです。
コカ・コーラが広まった際も、瓶のボディラインが寄与したと言われていますが、スプライトも緑の独特な瓶が役立ったと思います。

ところがペットボトルが一般化して、この特徴が活かせなくなった。
緑のパッケージをとりさると、サイダーとあまり変わりがない・・・ように感じてしまいますね。
スプライトの存在感が何となく薄くなったように感じるのは、このあたりが原因なのかも知れません。
以来、何度かパッケージ変更がなされているようですが、あの緑の瓶のイメージに拮抗できるようなものはなかなか出ないかも知れません。

というわけで味で勝負のスプライト。リニューアル版がどんな仕上がりになっているのか、楽しみです。

スポンサーリンク
AD1
AD1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ポチッとコメント歓迎です♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です