マックの裏メニューキャンペーンはいつから?トッピング三種の頼み方とカロリー比較

スポンサーリンク

マクドナルドと言えばどこのお店でも同じ味。ハズれなしで食事ができる信頼感が魅力です。
しかし画一的でつまらない、という意見があるのも事実。
そんなイメージに一石を投じるキャンペーンが、今月中旬から行われます。

キャンペーンの名前と内容

キャンペーンの名前は「マックの裏メニュー」。
期間中は三種類のスペシャルトッピングが準備され、定番のハンバーガーにお好みで追加できる、というもの。

おなじみの定食屋さんに入って、店主に「今日アレ、ある?」ってな感じでアレンジしてもらうイメージなんでしょうかね。

トッピングの種類

気になるトッピングは以下のとおり。
・ハラペーニョ:トルコ産のハラペーニョを酢漬けにしています。
・クリームチーズソース:こだわりのブレンド。
・スモークベーコン:香りづけしたデンマーク産の豚バラ肉。

マックの裏メニューキャンペーン

トッピングの価格は?

価格はそれぞれ40円。

どのトッピングも美味しそうですし、おなじみのハンバーガーが40円でちょっと変わったイメージになるのも楽しそうです。

実施期間は?

裏メニューキャンペーンは、6月15日から開始。
7月上旬まで行われる予定です。

私はもっともシンプルなハンバーガーで、それぞれのトッピングの実力を味わってみたいですね♪

お勧めの裏メニューアレンジも

いろいろ迷ってしまいそう、どれが美味しいかわからん! という人たちのために、お勧めのアレンジ裏メニューも設定されます。
頼み方で迷ったらこれを利用してもいいかも知れませんね。
すでにカロリーも発表されていましたので、併せてメモしておきます。

・裏てりやきマックバーガー(単品350円)
=てりやきマックバーガー+ハラペーニョ(174kcal)

・裏チキンフィレオ(単品380円)
=チキンフィレオ+クリームチーズソース(207kcal)

・裏ダブルチーズバーガー(単品380円)
=ダブルチーズバーガー+スモークベーコン(187kcal)

このほか店舗独自のお勧め「裏メニュー」の紹介もあるとか?
楽しみですね。

トッピングできるハンバーガーの種類とカロリー

トッピング追加の対象となるハンバーガーは、次の15種。
こちらも気になるカロリーを合わせてメモ。

・てりやきマックバーガー(164kcal)
・チキンフィレオ(192kcal)
・ダブルチーズバーガー(178kcal)
・ベーコンレタスバーガー(148kcal)
・フィレオフィッシュ(139kcal)
・ビッグマック(225kcal)
・えびフィレオ(179kcal)
・クォーターパウンダー・チーズ(213kcal)
・ダブルクォーターパウンダー・チーズ(305kcal)
・チキンチーズバーガー(チキチー)(161kcal)
・エッグチーズバーガー(エグチ)(173kcal)
・バーベキューポークバーガー(バベポ)(161kcal)
・チーズバーガー(122kcal)
・ハンバーガー(108kcal)
・チキンクリスプ (128kcal)

一番ローカロリーなトッピングは?

裏メニューのカロリーと定番のカロリーがわかっているので、トッピングのカロリーも計算できます。需要があるかどうかわかりませんが、それぞれ比べてみましょう。

裏てりやきマックバーガーは、てりやきマックバーガー+ハラペーニョで174kcal。
てりやきマックバーガーは164kcalなので、ハラペーニョは10kcal。

・裏チキンフィレオは、チキンフィレオ+クリームチーズソースで207kcal。
チキンフィレオは192kcalなので、クリームチーズソースは15kcal。

・裏ダブルチーズバーガーはダブルチーズバーガー+スモークベーコンで187kcal。
ダブルチーズバーガーは178kcalなので、スモークベーコンは9kcal。

というわけで、最も高カロリーなトッピングはクリームチーズソースの15kcal。
次がハラペーニョで10kcal。スモークベーコンは9kcal。微妙な違いですがベーコンの方が低いというのはやや意外な結果です。

ま、公称なので、実際にオーダーしたものが厳密にこの通りになるかどうかはわかりませんが、カロリーを気にする方はオーダーする時にちょっと思い出してみてください。

定番の裏メニュー

さて、キャンペーンに関係なく、マクドナルドではこれまでもメニューにないサービスを提供してくれています。
私はマクドナルドのヘビーユーザーなので、いろいろわがままを聞いてもらっています。

店によって対応が違うかも知れませんが、相談してみてもよいと思います。

・水や氷普通に頼めます。
・ポテトは揚げたてを頼んだ事があります。塩の増減も可能。
・ケチャップをくれます。
・飲み物の氷抜きや氷少なめも可能。

混んでいる時は難しいかも知れませんが、ピクルス抜きなど、ハンバーガーの中身を調節してもらうこともできるんじゃないでしょうかね。逆にピクルス増量、オニオン、ケチャップも無料で増やしてもらえる、という情報も見かけました。
タレ抜きのてりやきマックバーガーはさっぱりしていて美味しいとか。カロリーも抑えられるし、けっこういいかも♪

とかく画一的なサービスというイメージが強かったマクドナルドですが、最近はいろいろと人間味のある対応をしてくれるようになった気がします。わたしが我がままで厚顔になっただけかも知れませんが(笑)

スポンサーリンク
AD1
AD1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ポチッとコメント歓迎です♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です