ハーゲンダッツのカロリー比較リスト:ちょっと食べても太るのはどれ?

スポンサーリンク

みんな大好きハーゲンダッツのアイスクリーム。
リッチな感じが格別ですね。

しかしダイエッターにとって気になるのはやっぱりカロリー。
フレーバー毎に微妙に異なっています。

ということで公式データを元に表を作ってみました。

その上で、次の三点を調べました。
・一番カロリーが高い製品はどれか?
・容量当たりのカロリーが高いフレーバーは?
・パイントはどのくらいお得なのか?

ご参考になれば幸いです。

ハーゲンダッツのカロリー表

まずはフレーバーごとのカロリー、価格の表をご覧下さい。

表の一番上の行の項目をクリックすると並び替えることができます。
この並び替えで、さきほどの比較を次項以下でしていきます。

no.製品名カテゴリー容量(ml)エネルギー(kcal)税抜価格(円)容量当カロリー容量当価格
1バニラミニカップ1102442722.222.47
2ストロベリーミニカップ1102362722.152.47
3クッキー&クリームミニカップ1102472722.252.47
4グリーンティーミニカップ1102392722.172.47
5レアチーズケーキミニカップ1102612722.372.47
6チョコレートブラウニーミニカップ1102732722.482.47
7リッチカスタードミニカップ1102532722.32.47
8バナナミルクミニカップ1101822721.652.47
9シチリアレモンパイミニカップ1102592722.352.47
10キャラメルトリュフミニカップ1102712722.462.47
11マカデミアナッツミニカップ1102972722.72.47
12ハニー&ミルク(ヨーグルト仕立て)ミニカップ1102452722.232.47
13アルフォンソマンゴー&クリームミニカップ1101852721.682.47
14ストロベリーバナナミニカップ1101732721.572.47
15ソルティバニラ&キャラメルミニカップ1102632722.392.47
16キャラメルクラシッククリスピーサンド25225227211.08
17ショコラベリークリスピーサンド2522502720.991.08
18タヒチバニラクリスピーサンド2522492720.991.08
19バニラチョコレートアーモンドクランチークランチ802682723.353.4
20抹茶クランブルクランチークランチ802662723.333.4
21チョコレートマカデミアナッツクランチークランチ802962723.73.4
22バニラパイント47310597652.241.62
23クッキー&クリームパイント47310597652.241.62
24ラムレーズンパイント47310657652.251.62
25グリーンティパイント47310367652.191.62

一番カロリーが高い製品はどれか?

さて、製品として一番カロリーが高いフレーバーはどれでしょう?
一位はラムレーズンのパイント(1065kcal)でした。
容量が全然違うので上位がパイントなのは当然ですが、バニラとクッキー&クリームは同じ1059kcal。
グリーンティの1036kcalがパイントの中では一番ローカロリーです。

ハーゲンダッツのミニカップ「マカデミアナッツ」

ミニカップの中でカロリーが高いのはマカデミアナッツの297kcal。
ミニカップが110mlあるのに対してクランチークランチは80mlしかない。それなのにチョコレートマカデミアナッツが次に続いています。しかもわずか1kcal差の296kcal。
マカデミアときたらダイエッターは要注意ですね。

逆にカロリーが低めなフレーバーはストロベリーバナナのミニカップ。173kcal。
バナナミルクやアルフォンソマンゴー&クリームはそれぞれ182kcalと185kcalです。
200kcalを下回っているのはこの三つ。

一番高カロリーなマカデミア系と比べると100kcal以上違ってきます。
やはりダイエットを気にかけている人にとっては少しばかり気になる差ですね。

容量当たりのカロリーが高いフレーバーは?

ところで容量が増えればカロリーも増えるのは当たり前。
では単位量当たりで比べてみるとどうか?

 ハーゲンダッツのクリスピーサンド「タヒチバニラ」

1ml当たり一番カロリーが低いのはクリスピーサンドのタヒチバニラ。
なんと、私が好きなフレーバー♪
0.99kcalです。
同じくショコラベリーのクリスピーサンドも0.99kcal。
キャラメルクラシックも1kcalで、クリスピーサンドはなかなか優秀です。

ハーゲンダッツのクランチークランチ「チョコレートマカデミアナッツ」

逆に、ちょっと食べただけでもドカーンとカロリー摂れてしまうのはチョコレートマカデミアナッツ。製品ごとの比較で予想はしていましたが、堂々の登場ですね。
3.7kcal/mlと、タヒチバニラの4倍近い高エネルギーアイスになっています。
3kcal以上あるのはバニラチョコレートアーモンドと抹茶クランブル。いずれもクランチークランチです。

ミニカップの中でカロリーが低いのはストロベリーバニラ、バナナミルク、アルフォンソマンゴー。
高いのはマカデミアナッツ、チョコレートブラウニー、キャラメルトリュフ。

パイントはどのくらいお得なのか?

パイントというのは、ヤード・ポンド法での容積の単位なんですね。
米英で量が違っていますが、ハーゲンダッツはアメリカの基準になっています。

容量を価格で割って、どれが一番割安・割高なのか、興味本位ですがやってみました。

当然パイントが一番割安かと思いきや、上位三つはクリスピーサンドでした。
キャラメルクラシック、タヒチバニラ、ショコラベリーは1.08円。
次いでパイント勢が続きます。
割高上位はクランチークランチ。高カロリー&高価格なんですね。

ハーゲンダッツ・アイスクリームのカロリー比較まとめ

いかがでしたでしょうか。
パイントはともかく、クランチークランチの高カロリー&高価格と、クリスピーサンドの低カロリー&割安感がはっきり出ました。

ミニカップのなかでもフレーバーによってずいぶんカロリーに差があるとわかったこともあらためて認識しました。
これからハーゲンダッツを選ぶ際はちょっと気にしてみようと思います。

みなさんも詳しく知りたい場合は表の最初の行の項目をいじってみてくださいね。

スポンサーリンク
AD1
AD1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ポチッとコメント歓迎です♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です