【納得】なるほど! ビリーズブートキャンプが続かない理由

Stuttgart summer morning breeze impressions III
Stuttgart summer morning breeze impressions III / tillwe

4時起き、してますか〜?

してないですよね、ふつう(^^;
内心ちょっと早すぎると思ってるんです、自分でも、

歩き始めはまだ真っ暗ですから、通報されやしないかとwww
でもいろんな時間を逆算すると、このくらいに起きるのが自分の現状ではベストなんです。

とはいえ、、、、、
アラームに手伝ってもらっても、
なかなか起きられる時ばかりじゃない、
気づかないうちに二度寝しちゃってたり(^^;)

もっとがんばらねば(•̀ᴗ•́)و ̑̑

・・・でもどうやらこれ(↑)が間違いみたい。

このページの上につけてるアンテナ欄、意外に役立ってます(๑´︶`๑)
コスト削減とダイエットの継続のキモを書いてた記事が、今日は面白かった!

ビリーズブートキャンプは今

あれほどDVDが売れ、ブームになったはずなのに、今日時点で「ビリーズブートキャンプ」に熱をあげている人はいない。これはなぜなのだろうか。あれほど効果があるのに、誰もが続かない理由はなんだろうか。

なつかし〜\(^0^)/
むっちゃ流行りましたよね。
自分にはハードすぎて全然無理、はなから近づきませんでしたが(笑)

続かない理由を、筆者はズバリ!

「達成感」と「努力」があるから、長続きしないのだ

・・・ん?
どういうことですかね?

それ(短期間で成果をあげる施策がなぜ長続きしないのか)は「達成感」と「努力」にある、と私は思う。なぜか。逆なら理解しやすいだろう。「努力により物事を達成したので、長続きしたのだ」と。これなら理解してもらえるに違いない。しかし、私は違うと思う。「達成感」と「努力」があるから、長続きしないのだと思う。
ビリーズブートキャンプでは、大変な苦労をする。運動は大変で、汗が出るし、疲れるし、息切れもする。しかし、それを我慢すれば、次の瞬間には体重計に、これまでよりも軽くなった体重が表示されるのである。これほどの快感はないだろう。努力と結果が結びついているのだ。だからこそ、と私は続けたい。だからこそ、長続きしないのだ。

*カッコと太字はputによります。

確かにあれだけ動けば達成感はハンパないですよね。
・・・でも、だからこそ、って言われても??

祭りは毎日やるもんじゃない

それらは両方とも「イベント」である。イベントは1回きりの感動を味わうものだ。だから、長続きはしない性質のものなのである。何かを成し遂げて感動を味わうということは、回帰性がないのである。海外旅行に出かけて感動した国に、再び行くとまったく感動しないことがある。感動や達成感とは一過性のものだ。
人間の脳は、努力して勝ち得た感動は、再現しないことを知っている。だから、達成したという感情を抱いてしまうものは、その一度の感動の強烈さゆえに、二度とその努力を繰り返さないように脳が働いてしまうのである。

ふーむ、、、

激しい運動が、一種のお祭りみたいになっちゃってる、ってことかな。
お祭りは確かに、毎日やるもんじゃないですね(^^;)

人間は「努力する」のではなく「習慣づいている」ことこそ継続できるからだ。

4時起きも、「やったー\(^0^)/」とか言って喜んでるうちはまだまだ、
あたりまえ〜、ふつ〜な感じにならないと続かないんですね・・・納得です。

つか自分の場合、ブートキャンプは一回限りでも無理そうですが(^^;)

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1306/28/news078.html

早起きウォーキングダイエット・今朝の数字

起床は3:59

朝一体重は78.9kg↓0.1

ここまでの歩数が15980歩

スポンサーリンク
AD1
AD1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD1