冷凍食品は禁止? 弁当ルールが厳しい幼稚園は一体どこ?

幼稚園のお弁当づくりはたいへん

幼稚園児、保育園児をおもちの親御さんたち、お子さんの昼食はお弁当でしょうか?
毎朝のお弁当作り、たいへんですよね。
多くはお母さん方だと思いますが、ごくろうさまです。

一億総活躍社会を謳い、女性のパワーを社会に活かそうとするわが国ですが、
それでいて保育園が足りず、物議をかもしたりして、言ってることがチンプンカン。

どうなってるんでしょうね。

そこへまたもやおかしな話が浮上しました。

お弁当にいろいろな縛りがある幼稚園が存在する、というのです。

お弁当の「縛り(禁止事項)」とは何なのか?

では、どんなものが禁止されているのでしょう?

冷凍食品を持たせたら、幼稚園から電話

いの一番が冷凍食品
忙しいお母さんの強い味方だと思うんですが、
冷凍食品をお弁当に入れて子どもに持たせたら、
幼稚園から電話がかかってきたそうです。

・・・どう思います?

「お弁当の中身までチェックしてくれるなんて、行き届いてる・・・」

とみるか、

「ちょっ、、、そこまでする?」

と思うかは人それぞれでしょうが、
仕事を持つ忙しいお母さんにとっては、
冷食禁止はちょっと厳しすぎるでしょうね。

冷凍食品は禁止? 弁当ルールが厳しい幼稚園は一体どこ?

ハムやウインナー、かまぼこもNG

だいたい、どうして禁止なんでしょうか?

添加物に神経質な幼稚園なのかな?

それともお母さんが時間をかけて丁寧に作った料理じゃないと、子どもはちゃんと育たない、と考えている?

謎ですね。

近いものとしては、ハムやウインナーを禁止していたり、練り物NGなところもあるらしい。

ハムやウインナーは、先日もよくないニュースが報じられてましたから、その影響かも知れません。

にしても、ウインナーは子どものお弁当の定番ですよね。
たこのウインナーは、もう廃れて行く運命なのか・・・?

かまぼこなどの練り製品も、なぜ駄目なんでしょうか。

http://spotlight-media.jp/article/266762093586157579

手間をかけ過ぎても駄目

そうかと思えば、手間ひまかけたキャラ弁を禁止しているところもある。
なぜって、キャラ弁で目立つと、
園児たちの間でいろいろな問題が起きる可能性があるらしい。

「キャラ弁すご〜い」
ってなって、家に帰っておかあさんにねだる。

忙しいお母さんも子どもが喜ぶのを見て作らなきゃと思う。
>負担増 >禁止

あるいは、作る時間がどうしてもとれないお母さんもいる。
>子どもの間で格差 >禁止

キャラ弁が無理な子が仲間はずれにされたり、
逆にキャラ弁で目立った子のほうが孤立してしまったり、
要するに、波風が立ってしまうわけですな。
小さい子どもの間で・・・

むずかしいものです。

なかには納得の禁止事項も

ほかには、楊枝が禁止。

これは危ないからでしょうね。

私が小さい頃は、楊枝で食材を止め、楽しげなおかずを母親が作ってくれましたが、
そういう盛りつけも、安全優先の昨今ではもうダメなんでしょう。

それから、スプーンやフォークを禁止している場合もあるとか。
お箸の使い方を憶えましょう、ということらしい。

ちょっと余計なお世話感もありつつ、
理由としてはアリかも知れません。

細かい縛りはほかにもいろいろ

ネットを見ていると、これらのほかにもデザートが禁止であったり、
ゼリー、お菓子類、菓子パン禁止、などというのもありました。

何を食べればいいのやら・・・

いっそ給食でよろしく、という声が出ても無理はないですね。

いったいどこの幼稚園なのか?

気になるのはこの話題、ネットは拡散中なのですが、
具体的にどこの幼稚園なのかについてはまだ謎のまま、
特定はされていません。

固有名を挙げて炎上してもアレですが、
ちょっと興味はありますね。

イメージとしては、お受験で入るような名門幼稚園などが、つい浮かんじゃいます。

冷凍食品などの時短おかずは無用、
いつもお家にいるお母さんが、たっぷり手間ひまかけて作ってる・・・

そんな想像をしてしまいますが、なんでしょう、庶民のひがみ?

もし「うちの子が通った幼稚園にもこんな縛りあったよ」という方や、
今現在、制限にヘトヘトになってます、という方がおられたら、こっそりコメントください(笑)

スポンサーリンク
AD1
AD1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD1