近藤春菜がもらったステラおばさんの生涯無料券を庶民がもらう方法はある? 詰め放題や食べ放題なら

ハリセンボンの近藤春菜さんのもとに、うらやましい知らせが届いた模様です。
人気のお笑いコンビ・ハリセンボンのぽっちゃり側の方ですね。

ステラおばさんじゃねえよ!

キャラクターを活かして「角野卓造じゃねぇよ!」、などの「〜〜じゃねぇよ!」ネタで笑かしてくれます。じゃねぇよ、と言われると、その人(時には物)に似て見えてくるから不思議です。
モノマネではない、別のジャンルの形態模写と言えるのかも知れません。

そんな「じゃねぇよ!」ネタの一つとして定着しているのが

ステラおばさんじゃねぇよ!

ステラおばさんと言えば昔からある大判のクッキー。
店の前を通ると甘いバターの香りについ後ろ髪をひかれてしまう、あの店です。
カロリーが怖いので食べた事は一二度しかありません。お値段も、クッキーとしては高めですよね。

近藤春菜がもらったステラおばさんの生涯無料券を庶民がもらう方法はある? 詰め放題や食べ放題なら

で、そんなステラおばさんのクッキーを生涯無料で食べられるパスポートが、ステラおばさんから近藤春菜さんに送られてきたというのです。
ステラおばさんご本人はもうお亡くなりになっています。送り主は販売元のアントステラの社長さん。

会社側としては、近藤さんのネタがかなり売上げに貢献していると判断しているのでしょう。
こうしてパスポートを送ったことがテレビで話題になれば、さらに宣伝効果もありますね。
かく言う私自身もこうしてステラおばさんのクッキーを思い出し、記事を書いているわけですし。

近藤春菜さん、ネタやっててよかったですね〜!

うらやま! ステラおばさん食べ放題

カロリーを別にすれば、かなりうらやましいお話。
生涯無料ってことは、引退して仕事がなくなっても、ステラおばさんのクッキーだけは食べられるということか〜、などと思ったりもします。

そんな生涯無料パスポート、庶民が取得する方法は無いのでしょうか?

無いでしょうね(笑)

ただし、調べた結果(<調べたのか)、ステラおばさんのクッキーが食べ放題という店があるそうです。

その名もステラ・カフェ

60分1ドリンク付で、気になるお値段は880円。
税込みの親切設定です。

ざっくり20~30種類のクッキーが楽しめる。
定番ものと季節限定ものとが組み合わされているので、季節毎に行くのもいいかも知れませんね。

http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13160573/

http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140101/14043753/

ただ、書いておいてなんですが、ステラおばさんのウェブサイト、これを書いている時点で、なんだかアクセスがうまくいきません。
なので、行こうとしている方は事前に確かめてからのほうが安心です。

どの店でもやっているわけではなく、一部の店舗で試験的に行われているという可能性もあります。
はっきりしなくてすみません。

クッキー詰め放題の日がある?

食べ放題ではないけれど、詰め放題の日があるそうです。
お客様感謝デーとして、毎月 9、19、29日は840円でチャレンジできます。

チャレンジ、と書いたのはこういう意味ですが↓(笑)

https://twitter.com/firebomber_2060/status/553518103821164544

https://twitter.com/yooooouna_nun/status/558552987635699713

行ってみたいけど、やっぱりおっさんはいないのかな、、、
たぶんこんなに上手くは詰められない。

ステラおばさんのクッキー、気になるカロリーは

ステラおばさんのクッキーのカロリーは公表されていないようです。
種類にもよるでしょうけれど、ステラおばさんのものはけっこう大きめなので、一般的なクッキーより高カロリーと思われます。
通常10gは50kcalが目安。

重さを量ったblogさんがありました。

ぐるぐるアップル 14g
ミルク苺 15g
柚子 17g
ヨーグルト 12g
キャラメルカスタード 12g
レモン 16g
紅茶 12g
チョコレートチップ 12g
ダブルチョコナッツ 19g
オールドファッションシュガー 13g

出典comaty: ステラおばさんのクッキー♪10枚で540円!

少なくとも1.2倍から、2倍近いものもありますね。
ま、ご参考ということで。

近藤さんのようにネタで宣伝効果を出せない一般庶民。
ステラおばさんのクッキーを無料感覚で楽しむには、この二つがやや近い?

スポンサーリンク
AD1
AD1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
AD1